89

前撮り・ロケーション撮影
(新潟県内)のご案内Location

「結婚式の前撮り」「お揃いの私服で撮影するエンゲージメントフォト」
「結婚式を挙げないけれど二人の写真を残したい」など。
思い出の場所や、お二人らしいシチュエーションで写真を撮影いたします。

◆写真撮影の点数に制限はありません。
◆撮影開始時間・終了時間に制限はありません。
◆新潟県内(佐渡・粟島は除く)は出張交通費無料で対応いたします。
◆撮影した写真からアルバム製作をご希望される場合。
六切り(B5サイズ)写真2枚仕様5,900円。写真3枚仕様8,400円(送料込・税別)の料金です。
◆衣装・着付けヘアメイクは提携店をご紹介いたします。

撮影プラン料金のご案内

※表記は税別価格です。別途消費税が加算されます。

プラン①

衣装1点、撮影場所1か所の場合

撮影枚数は通常250カット以上になります。
25,000円

プラン②

衣装2点、または撮影場所2か所の場合

撮影枚数は通常450カット以上になります。
30,000円

プラン③

衣装3点、または撮影場所3か所の場合

撮影枚数は通常600カット以上になります。
35,000円

※病院や施設等にいらっしゃるご家族と撮影したい場合、追加料金無く対応させて頂きます。

●結婚式場や写真館さんとの違いはここ!

① 写真点数はもちろん、撮影時間の制限がありません(目つむりなどの写真を除き、全データ納品します)。

② インスタグラムなどで気に入った写真を事前にお送りくださるか、スマホなどに保存して撮影時に見せていただければそのイメージに近づけて撮影いたします。
最近はきちんとした「前撮り!」って言う写真館さんタイプの写真ではなく、お二人らしさを演出できるロケーション撮影が圧倒的に増えています。

③ 撮影場所もお二人で選べますので、思い出の場所や共通の趣味をテーマにした写真。またお揃いの私服等で自然豊かな中で撮影するエンゲージメントフォトなど、ご希望通りの撮影に対応できます。(撮影場所は、弊社からご提案もできます)

④ 新潟県内は佐渡・粟島を除き撮影場所の移動も自由です。出張費・交通費は無料ですが、(時間の関係で)次の撮影場所に高速道路を使用する場合は実費をご負担ください。

⑤ 和装の場合は「青と赤の番傘を各1本」「結婚しました」などのガーランドや「夫・妻」などの扇子、ドレスの場合は「JUST MARRID」など英語のガーランドやハートのサングラスなど無料でご用意いたします。イニシャル ウッドはお客様によって異なりますので、お二人でご用意ください。

⑥ もちろんご両親やご兄妹を交えての写真もOKです(お持ちのカメラや、スマホなどでも自由に撮影下さい)。

結納の撮影プラス、お二人の写真やご両親等撮影をご希望される場合も対応いたします。

●前撮り写真をウエルカムボードにしたい場合

sample

A3サイズ、3,000円(送料込)で制作いたします。
※写真への文字入れ加工は無料です。

プリント前に文字の大きさやレイアウトなどをお二人にご確認いただき、ご要望通りに制作いたしますのでご安心ください。

●衣装・着付け等に付いて

提携の衣装店、着付け・ヘアメイクさんをご紹介できます。(提携店は燕三条駅近くのお店「ルリアン」になります)

もちろん式場のスタッフさんや、お知り合いの美容師さんにご依頼いただいても構いません。

また意外と高い衣装料金ですが、ネットで検索するとドレスは1万円位からレンタルできる所が多いです。もちろん前撮り撮影で使用する分には遜色ありませんので、ぜひ検討してみてください。

撮影スポットのご紹介

みなとぴあ公園(新潟市中央区)
公園内は芝生で衣装が汚れることも少なく、近くの式場でも前撮りに使用する定番のスポットになります。撮影許可は必要ですが、1時間程度なら無料で撮影できます。
歴史博物館やトキメッセをバックにしてドレスでも和装でも雰囲気がある写真が撮れ、春の桜シーズン以外は比較的人も少なく撮影しやすい環境です。
ぽるとカーブドッチの2階和室(歴史博物館管轄:時間により3,000円~4,000円)を借りることが出来、ここで衣装を着替えて次の撮影場所へ移動することもできます。畳の部屋なので、和装に着替えた後こちらでの撮影もできます。

やすらぎ堤(新潟市中央区)
ホテル新潟の対岸に「What’s NIIGATA」が設置してあり、記念写真のスポットになっています。春は桜も綺麗ですし、萬代橋をバックに撮影する事で新潟らしさが演出できます。

白山公園(新潟市中央区)
新潟市でも有名な桜の名所で、毎年ロケーション撮影のご依頼をいただきます。隣接する白山神社敷地内での撮影が完全にNGですので、和装の場合は燕喜館と組み合わせたりドレスの際は「みなとぴあ公園」など新潟市内の他撮影スポットと併せて撮影された方が良いと思います。

燕喜館(新潟市中央区)
部屋の大きさにより施設使用料が3,000~4,000円(季節によっては冷暖房費30%加算されます)かかります。
新潟市で和装撮影をする際に、雨天も考慮して燕喜館か北方記念博物館を加える方が多いです。庭は小さくて、館内で他のイベントがる際には撮影で使用できません。
座布団は用意してありますので、座っての撮影ができますが屏風はありません。燕喜館(和室)のみですと撮影ポーズも限られますので、紙風船や扇子,ガーランドなど小物を多めに使って写真点数を増やす工夫をします。館内で、もちろん着替えもできます。

県政記念館(新潟市中央区)
新潟市では数少ない、ドレス撮影に合う屋内施設になります。国の重要文化財に指定されていて、冷暖房はありません。外観は素敵ですが、館内での撮影スポットは少なく余りおススメではありません。施設使用料や駐車場は無料ですので、他での撮影ついでにちょっと寄るくらいで十分と思います。

新潟県スポーツ公園・鳥屋野潟公園(新潟市中央区)
撮影1週間前までに撮影許可申請が必要で、カメラ1台に付き630円の料金が必要になります。自然が多い中でロケ撮影をしたいと言う方や、私服で撮影するエンゲージメントフォトを希望されるカップルからのご依頼が多い公園です。
晴れていれば鳥屋野潟に沈む夕陽も綺麗で、足元は芝生です。「夕陽をバックに撮りたいけれど、海は砂で衣装が汚れるので…」と心配されている方にもお勧めしています。
春は遅咲きのサクラが咲きますので、他のスポットで桜が終わっていてここなら間に合うかもしれません。

いくとぴあ公園(新潟市中央区)
入場料1人300円で、特に撮影の許可申請はありませんでした。
新潟市で花に囲まれた中でのロケ撮影ですと、こちらの公園が一番良い良いかもしれません。7月~9月末までイルミネーションの開催があるので、日中の暑い中での撮影を少なめにして夜のロケ撮影も趣があります。夜の撮影では暗い中でも画像が荒れにくいカメラを使用して撮影しますので、雰囲気がある綺麗な写真に仕上がります。

上堰潟公園(新潟市西蒲区)
角田山の麓にある自然豊かな公園で、春は桜と菜の花が一緒に見られます。夏はひまわり、秋はコスモスの中でロケ撮影ができます。
週末やイベントが無ければ、それ程人も多くなく撮影はしやすいです。

福島潟 水の公園(新潟市北区)
菜の花が咲く時期はロケ撮影のご依頼を多くいただきます。広範囲に広がる菜の花をぼかして、お二人が引き立つような写真になります。
花畑の中に入ると、花粉がドレスに付きますのでレンタルされたドレスでの撮影はお勧めできません。私服でのエンゲージメントフォトか、二次会用などの購入されたドレスをご用意された方が良いかと思います。

日和山海水浴場(新潟市中央区)
新潟市を見渡せる展望台があり、近くの結婚式場もロケ撮影で使うようです。海水浴場まで下りずに、展望台があるところは芝生ですので衣装は汚れません。
新潟市で海に沈む夕陽をバックに撮影したい場合、また海を背景に撮影したいけれど衣装の汚れが気になる方には良いかと思います。

 

角田浜(新潟市西蒲区)
撮影は砂浜まで下りないと、良いロケーションにはなりません、カーブドッチワイナリーから近いので、ここで前撮りをした後に角田浜を加える方も多いです。
晩秋位から夕陽は灯台側に沈むので、この時期に海へ沈む夕陽を背景にした撮影は別海岸をお選びください。

田浦海岸(新潟市西蒲区)
「広がる砂浜の雄大さが好き」と、あえてここの海岸を指定される方もいます。
砂浜に下りてのロケ撮影になりますが、どうしてもドレスは汚れてしまうので衣装屋さんによっては海での撮影NGの所もあります。レンタルの場合、事前にご確認ください。

天領の里(出雲崎町)
駐車場から直ぐの所に芝生がありますので、砂浜まで下りなくても撮影ができます。良寛さんの像がちょっと邪魔になりますが…。お揃いのスニーカーで足元のみを撮影したり、もちろん砂浜での撮影も。中越地区で海での撮影をご希望の場合、お勧めします。

石油の里(新潟市秋葉区)
新潟市でも有名な紅葉スポットです。
周遊するコースに少し坂等起伏がありますが、和装での移動でもそれ程大変ではありません。さすがに秋は観光の方も多いですが、かなり広いですし行き過ぎるのをちょっと待てばスムーズに撮影は出来ます。紅葉の時期のみでなく、自然の中で撮影するには良いスポットです。

中野邸記念館(新潟市秋葉区)
2017年夏に改装を行っておりますので、改装前のコメントになります。
隣接する「石油の里」への入園料込み800円で、撮影ができます。
和装には合う雰囲気の邸宅ですが、撮影に使うには狭いです。また時期的に紅葉の季節だったので、観光の方が多くて撮影は難しく感じました。閉館時間(17時)間際だと閑散としますので、撮影するならこの時間を狙ってください。

北方文化博物館(新潟市江南区)
多くの結婚式場が前撮りで使うようです。風情があり素敵なところで、弊社でも何回か撮影にお伺いしています。撮影で使用する場合の料金が15,000円、着替えで部屋を借りる場合は、更に追加で5,000円。
撮影使用料を払っても(貸し切りにはならず)普通に観光の方は来ますし、庭園へ出ての撮影は規制されます。施設使用料を考えると、特に思い入れがなければお勧めできないかと思います。

弥彦公園(弥彦村)
弥彦駅の横に広がる「弥彦公園(もみじ谷)」は弥彦神社の管轄になっていて、撮影許可を得るには15,000円の料金になります。その内の一部は、地元の写真館さんに入る仕組みのようです。カメラマンの方は皆さん知っていますが、弥彦神社関係の撮影では地元写真館さんとの理不尽で非常識なトラブルが多いです。弥彦神社大鳥居からの花嫁行列を撮影中に、地元写真館が怒鳴り込んできたなども聞きますし、ロケ撮影もお勧めできません。

丸井今井邸(三条市)
三条市中心部にある国登録文化財(建物)。施設使用料、駐車場共に無料ですが事前に使用許可が必要です。県央地区では和装の撮影に向く建物や施設が無く、丸井今井邸のみかと思います。
建物内は畳ですので和装で座った写真なども撮れますが、昔の和風建築ですので撮影で使用するには狭く感じます。庭の使用もできますが、やはり狭いです。
冷暖房はなく、季節によっては蚊が多く虫よけスプレーをお持ちください。

加茂山公園・青海神社(加茂市)
和装で青海神社を背景に撮影した後、隣接する加茂山公園へ移動するコースになります。
神社の方はそれほど多くの人は居ませんが、加茂山公園は平日でも賑わいはあります。池には橋が架かり、噴水もありますのでロケ撮影的には自然豊かでお勧めです。
青海神社は階段が多いですし、公園は広いですので池の周りに撮影を絞り込んでの撮影をお勧めします。和装ですし、長い距離の徒歩移動はかなり大変になりますのでご注意ください。

見附イングリッシュガーデン(見附市)
入園料、駐車場料金は無料です。
園内は芝生が敷きつめられ、ドレスの裾が汚れる心配もありません。季節ごとに多くの花々で彩られる公園ですが、特にバラの季節はお勧めです。
中越地区でドレスのロケ撮影ですと、こちらか長岡の越後丘陵公園を選ばれる方が多いです。

飯塚邸(柏崎市)
新潟県内の和装撮影では、飯塚邸が一番のお勧めです。新潟市や上越市など遠方のカップルも、ここまで来て撮影される方は多いです。
施設使用料は310円×人数分で、撮影後に着替える部屋を無料で貸してくれます。(春の「つるし雛」の展示期間のみ着替え用の部屋は借りられません。)
北方文化博物館は着替え用の部屋と施設使用料で2万円ですが、高速道路で移動されたとしてもこちらの方がおススメだと思います。もちろん料金面のみだけではなくロケーション的にも風情があり、邸宅内・庭園も広いですのでいろいろなシチュエーションの撮影ができます。
離れに茶室もありますが、こちらは狭いので撮影には向きません。事前にお願いすれば、柏崎市管理の屏風なども用意くださいます。柏崎のシャンカーラさんも、前撮りで使用するようです。施設管理会社の方も親切ですし、和装での撮影を予定の方は是非ご検討下さい。

松雲山荘(柏崎市)
紅葉の季節になるとライトアップされるので、この時期にロケ撮影のご予約をいただきます。
松雲山荘にある「もみじ」は、ほとんどの木が大きくて(高くて)お二人と紅葉を一緒に写真へ入れるには入口すぐにあるスポットのみになります。夜景での撮影ではフラッシュは控えめに、雰囲気を重要視して撮影します。
※夜の撮影は翌日に結婚式が入っていない日のみ、ご対応させていただきます。

(越後丘陵公園長岡市)
ドレスでのロケ撮影や、私服で撮影するエンゲージメントフォトでは最もご予約をいただく自然豊かな公園です。広大な敷地内には季節の花々が咲き、弊社でも特にお勧めしています。村上や上越など、遠方から撮影のためにいらっしゃる位人気が高いです。
季節にもよりますが土日は駐車場が満杯になるくらいに多くの方が訪れますので、平日の撮影をお勧めします。
入園料(一人410円)と駐車料金(1台310円)が必要ですが、空いていれば貴賓室を無料で貸してくれますので撮影後に着替えることが出来ます。
撮影には2週間ほど前に文書での申請が必要ですので、ロケ撮影をお考えの方はお早めに撮影日を決定ください。雨天などで撮影を延期する場合、申請書に第二希望日を記載できます。
公園管理スタッフの方も親切ですし、お勧めの撮影スポットです。

 

長岡 もみじ園(旧越路町)
旧越路町にある「もみじ園」で、紅葉の季節にはライトアップされます。観光の方も多いですが、それ程撮影には支障がありません。
事前に撮影許可を取れば、一般開放していない近くの駐車場や着替え用の部屋も無料で用意してくれるなど親切に対応くださいます。
ライトアップされる夜は、かなり寒くなりますので長時間の撮影は厳しいです。

松籟閣(旧越路町)
旧越路町にある朝日酒造創業者が建てた邸宅で、国登録有形文化財になっています。
撮影で使用するには少し狭いですが、和室や洋間それぞれ趣があり特に和装の撮影に合うと思います。事前申請が必要ですが、着替え用の部屋を貸してくださいます。
近くに朝日酒造の直売所もあり、観光バスなどで見学の方も来ますがそれ程多くはありません。
もみじ園に隣接する位置関係にあり、秋の季節には松籟閣と組み合わせての撮影もお勧めです。

ニュー・グリーンピア津南(津南町)
こちらの会場で結婚式を挙げたカップルのロケ撮影で伺いました。
無料で車を出してくださり、敷地内のお勧めスポットを案内しながら撮影に同行してくれます。ひまわり畑やゲレンデなど、素晴らしいロケーションで自然豊かな中での撮影ができます。

津南ひまわり畑(津南町)
8月初めから中旬位まで、毎年ロケ撮影のご依頼をいただきます。
8月は「ひまわり畑」以外にも海でのロケ撮影等が多く、特にお盆期間は全日撮影ご予約が入りますのでお早めにご検討下さい。
開場は10:00ですが、観光の方が多いですので9時前後位に撮影をスタートした方が良いと思います。畑を変えて順次満開になるので8月末近くまで撮影出来ますが、場所によってはひまわりを見下ろせる農道への立ち入りが制限されているところもあります。咲いているひまわりは撮影用に折って、使うこともできます。

 

三国街道「塩沢宿」牧之通り(南魚沼市)
南魚沼塩沢にある江戸時代の宿場町をイメージさせる街並みで、和装にぴったりのロケ撮影スポットになります。
牧之通りは全長で350メートルほどですが、そこに多くの観光客が訪れます。できるだけ背景をぼかしてお二人を浮き立たせるような感じに撮影しますが、街並みの風情を写真に生かそうとするとどうしても他の方が写りこんでしまいます。
南魚沼の方は、和装の撮影でここを指定される方が多いです。

top